最新鋭「サイドワインダー」全規模量産へ 背後へも射撃可能に

“実戦でもっとも証明”された空対空ミサイル「サイドワインダー」。いま大きく進化しており、「古典的な格闘戦」は完全に過去のものになりそうです。

もっとも“実戦で証明”された空対空ミサイル

 赤外線誘導の空対空ミサイルAIM-9「サイドワインダー」。アメリカ・レイセオン社製のあまりにも有名なこのミサイルは、世界でもっとも“コンバットプルーブン(実戦での証明)”された、主に戦闘機へ搭載される短射程の空対空ミサイルとして知られます。

F/A-18E/F「スーパーホーネット」へ搭載されるAIM-9Xサイドワインダー2000(写真出典:アメリカ海軍)。

 2015年9月、その最新鋭型であるAIM-9XブロックII「サイドワインダー2000」が、全規模量産へと入りました。この「サイドワインダー」シリーズの主なタイプと歴史を簡単に振り返りながら、AIM-9XブロックIIは何が可能となるのか、その能力に迫ってみましょう。

 最初期型のAIM-9Bは、台湾空軍のF-86F「軍刀式(セイバー)」戦闘機に搭載され1958(昭和33)年、“史上初の空対空ミサイルによる実戦”へ投入されました。

 ただ、ミサイルの先端に設けられた赤外線シーカー(探知機)が、ジェットエンジンのノズルから発せられる強い特定の赤外線しか検知できなかったため、正確に敵機の真後ろから射撃する必要があり、さらに敵機が水平飛行しない限り、ほとんど命中は見込めないという、いまでは考えられないほど信頼性に劣るミサイルでした。

 しかし機関銃よりはるかに当ったため、一時は“戦闘機の機関銃”を過去のものとしてしまいます(機関銃には機関銃の良いところもあり、結局、機関銃は復活しますが)。

1 2 3

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. う〜む。『戦闘妖精・雪風』のフリップナイトみたいだ。

  2. 多様性があるといい たとえば対地、対艦 対潜にも使えるようにすること  大事だよ。 でもガチガチのアホ多いからね。この世には! 考えもつかないだろうが、きずいた時はもう遅いだろう。   アホ