「エヴァ新幹線」発進! 車内で使徒と対決 チャイムはあの主題歌 JR西日本

「500 TYPE EVA」の2号車は、“エヴァデザイン”が施された「特別内装車」になります。

Large 151019 500 06
多数のNERVマークが描かれた「500 TYPE EVA」の2号車「特別内装車」(2015年10月19日、恵 知仁撮影)。

「NERV(ネルフ)」マークが通路や日よけ、側壁などに描かれ、座席の枕カバーも『エヴァ』仕様です。

Large 151019 500 07
碇司令がこちらを見ている、世界一落ち着かない(?)日よけ(2015年10月19日、恵 知仁撮影)。

 窓の日よけは大部分が同じ『エヴァ』風デザインですが、一部、違うものが入っているのもポイントです。

 また車内放送のチャイムには、TVアニメ『エヴァンゲリオン』の主題歌「残酷な天使のテーゼ」が使われています。チャイムは2種類あるそうです。

 8両編成の「500 TYPE EVA」、3号車から8号車の内装は基本的に、通常の車両と変わりません。

Large 151019 500 08
「特別内装車」の喫煙所では『エヴァ』のキャラがタバコを吸っている(2015年10月19日、恵 知仁撮影)。

「500 TYPE EVA」の運転は、2015年11月7日(土)から2017年3月まで山陽新幹線で行われる予定。博多6時36分発~新大阪11時14分着の「こだま730号」、新大阪11時32分発~博多16時07分着の「こだま741号」として走ります。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

最新記事

コメント