修学旅行生感激 世界各国のミス・インターナショナル、渋谷を歩く

東急電鉄と経済産業省が「2015ミス・インターナショナル世界大会」参加者およそ75人を招き、「渋谷見学ツアー」を実施しました。

「日本一訪れたい街」を目指し

 2015年10月23日(金)、「2015ミス・インターナショナル世界大会」に参加する各国代表のおよそ70人が、渋谷の街を楽しみました。

「SHIBUYA109」前で記念撮影する「2015ミス・インターナショナル世界大会」の各国代表(写真提供:東急電鉄)。

 渋谷が「日本一訪れたい街」になることを目指しているという東急電鉄と、クールジャパンを推奨する経済産業省が、その魅力発信を目的として「渋谷見学ツアー」を実施したものです。

「SHIBUYA109」を楽しむ各国のミス(写真提供:東急電鉄)。

 10時前に渋谷へ到着した各国代表は、ファッションビル「SHIBUYA109」と「東急ハンズ」を見学し、服や靴などを楽しんだほか、一般の買い物客と気さくに記念撮影。また「渋谷」という街らしく、修学行生たちから笑顔で「ハロー」「ニーハオ」と声を掛けられる場面も見られました。

ランチパーティーでダンスを披露した“ミスボリビア”のAlejandra Panozo Muguerteguiさん(2015年10月23日、恵 知仁撮影)。

 午後は「渋谷ヒカリエ」でランチパーティが開催され、長谷部渋谷区長も参加するなか、ミスによるダンスなどの特技が披露されています。

【了】

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント