クルマの動きを光で路面に表示 その目指すものとは 三菱電機

クルマの動きを光で路面に投影する新技術が発表されました。これにより、何が変わるのでしょうか。

前後進・ドア開閉を図形で路面に投影

 三菱電機は2015年10月23日(金)、クルマの動きを光を使って道路に描くという新技術のコンセプトを発表しました。

 この「路面ライティング」と呼ばれる技術は、クルマのドア開けや前進・後退の際に、そうした動きを示す図形をアニメーション化し、路面へ投影するもの。クルマの動きやドライバーの意思を、大きく分かりやすい形で周囲に伝えられるといいます。

前後進やドア開閉といった動きを、路面に光で表示する「路面ライティング」(画像出典:三菱電機)。

 同社はこの「路面ライティング」を提案した背景について、歩行者の交通死亡事故の7割が夜間に発生しており(交通事故総合分析センター調べ)、ライトを使った安全性向上が求められているため、と話します。

 このコンセプトの一部は、10月29日(木)から11月8日(日)まで東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「第44回東京モーターショー2015」で展示される予定です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント