ももクロ化した紫駅に紫族集結 西鉄「ファンのために」

ももクロファンの動きを把握していた西鉄

 今回、紫駅をももクロ仕様にしたことについて、西鉄の広報課は次のように理由を話します。

「全国から来るももクロファンのために、西鉄として何かできないかと思いました」

 2015年4月、ももクロは「ヤフオク!ドーム」(福岡市)でライブを開催。そのとき、全国から集まったももクロファンのなかで、西鉄にメンバーカラーの紫駅があることが話題になります。

 このことを西鉄も把握。そして今回10月31日、紫駅から西鉄で2駅しか離れていない大宰府政庁跡でももクロがライブを行うことから、全国よりやって来るももクロファンのために、同駅を“ももクロ仕様”にしたそうです。

Large 20151031 murasaki2
上り線の駅舎がももクロ仕様に。奥側の下り駅舎は通常版(2015年10月31日、恵 知仁撮影)。

 この10月31日、実際に紫駅へは大阪や京都、東京など各地からももクロファンが訪れていました。西鉄によると、紫駅は10月30日(金)の昼過ぎに“ももクロ化”。31日の終電まで、この状態だそうです。

 ちなみに10月31日午前、ももクロの「紫」高城れにさんが “ももクロ仕様”になった紫駅を訪れています。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

最新記事

コメント