暫定2車線は世界の非常識 日本の高速道路、その課題

安全性などに問題がある高速道路の暫定2車線区間。会計検査院はそれにより「巨額な損失が出ている」としますが、日本は「暫定2車線の国」としても過言ではないのが現状です。

日本は「暫定2車線の国」?

 対面通行の安全性などに懸念がある高速道路の「暫定2車線区間」。最近それについて、お上の動きが急です。

 今年2015年10月には、会計検査院が「暫定2車線の高速道路による損失は巨額である」という分析結果をまとめました。それによると、対面通行での正面衝突事故による損失はここ10年間で300億円以上。制限速度が70km/hと低いことによる経済損失が175億円とのことです。

中央線にプラスティックポールを立てただけの暫定2車線道路(2015年8月、清水草一撮影)。

 暫定2車線の高速道路は現在、約2400km。うち1750kmが、中央線にプラスティックポールを立てただけの対面通行です。日本の高速道路総延長約1万kmに対して、実に約4分の1が暫定2車線なのです。ほかの先進国と比較すると、アメリカ2.3%、ドイツ1.1%、フランス0.2%。韓国4.5%。日本は「暫定2車線の国」と言ってもいいほどです。

1 2 3

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. 暫定2車線区間の料金を半額にする意味は?
    この記事は後半が意味不明。

  2. 利用が少なく、暫定2車線での開業で、速達効果がなく、料金を下げるべきというならば、そもそも高速どうろなど建設すべきでなかったのではないか。筆者も会計検査院も視点がズレまくり。

  3. 暫定二車線はかつてあなたが著書で主張した快速国道の改良版でしょうが
    自分で作らせておいて批判するとかアホかよ

  4. 4車線(片側2車線)区間で両側2087台/日の区間もある位だし、(山口IC~徳地IC)
    両側2000台/日以上で4車線化して大丈夫だと思う

  5. ポールと同じ幅で設置できるコンクリ壁(あるいは鉄の壁)を開発すれば良いんじゃね。4車線化せずに。
    工事の際はIC間を短期集中工事で。

  6. そもそも「・・・高速道路」との名前がおかしです、首都高も同じ。だから速度違反が絶えない。例、「・・・道」でよい。