【今日は何の日?】青函トンネルに繋がるかもしれなかった路線が全線開業

11月8日、青函トンネルに繋がるかもしれなかった路線が全線開業しました。

 1953(昭和28)年の11月8日。北海道新幹線も停車する予定の木古内と、北海道唯一の城下町である松前を結ぶ国鉄の松前線が、全線で開業しました。渡島大沢~松前間5.6kmの延伸開業によるもので、全区間(木古内~松前)の営業キロは50.8kmです。

 しかし、この松前線は需要が小さかったことから1984(昭和59)年、第2次特定地方交通線に指定され廃止対象に。そして1988(昭和63)年2月、全線が廃止されてしまいます。

松前駅は北海道最南端の駅だった(写真出典:photolibrary)。

 ただ、このとき廃止された松前線の木古内~松前間と、2014(平成26)年5月に廃止された江差線の木古内~江差間を比べると、松前線のほうが輸送量が多い状況でした。

 そうしたなか、昔から需要が小さかった江差線の木古内~江差間が近年まで生き残ったのは、需要の大きい五稜郭~木古内間が「江差線」であったため。仮に五稜郭~木古内~松前間が「松前線」で、木古内~江差間が「江差線」であったら、先に廃止されていたのは江差線だった可能性があります。区間の分け方で、命運が別れた形です。

 ちなみに、青函トンネルへ新幹線を通さず、在来線のみを通す形であれば、青函トンネルは松前線に接続される予定でした。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント