名古屋の見えない新幹線基地を初公開 移動は回送線で JR東海

JR東海が「東海道新幹線のおしごとを学ぼう」ツアーで、名古屋運輸所・車両所を一般に初めて公開しました。

名古屋運輸所の“厳しい”シミュレータ

 JR東海がこの秋、親子を対象にしたツアー「東海道新幹線のおしごとを学ぼう」を実施。東海道新幹線の運転士や車掌が訓練を行う「名古屋運輸所」(名古屋市中村区)を、初めて一般に公開しました。

 2015年11月21日(土)実施分のツアーには、4歳以上の子どもとその保護者、合わせて119人が参加。そのうち「車掌のおしごと体験」では、業務用の車掌シミュレータが使用されました。人が列車のドアに挟まるなど様々なトラブルが発生するなか、そうした課題を輸送指令とやり取りしながら解決していくもので「一般の人が体験するのは初めて」(JR東海)といいます。

業務用の車掌シミュレータを初体験したツアー参加者(2015年11月21日、末吉史樹撮影)。

 鉄道系の博物館などにあるシミュレータやゲームなどと違って、楽しませることが目的ではなく、あくまで一人前の車掌を養成するための“厳しい”業務用シミュレータ。ツアー参加者にとって、それを体験できる貴重な機会となりました。

 そのほか名古屋運輸所では、運転士の訓練用シミュレータについても、子どもたちによる体験が行われました。

1 2 3

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント