北大阪急行、延伸へ前進 箕面方面~大阪都心のアクセス向上

北大阪急行の延伸が実現に近づきました。箕面方面から大阪都心へのアクセス向上などが期待されています。

「新箕面」「箕面場」の2を設置

 国土交通省は2015年12月1日(火)、北大阪急行の延伸に係る軌道事業の特許申請事案について、運輸審議会での検討の結果、「軌道法上問題となる点は認められないこと」「利害関係人の異議申し立てがなされ又は予想されるような案件ではないこと」が確認されたと発表しました。同事業の実現が近づいた形です。

 北大阪急行は現在、大阪府吹田市の江坂駅と大阪府豊中市の千里中央駅のあいだ、5.9kmを結んでいます。また江坂駅では大阪市営地下鉄・御堂筋線と接続し、ほとんどの列車は御堂筋線の中百舌鳥駅まで相互直通運転を行っています。

 北大阪急行が計画する延伸事業では、千里中央駅から北へ新たに約2.5kmの路線を建設。新御堂筋(国道423号)沿いに、かやの中央(大阪府箕面市)までを結ぶ予定です。

 かやの中央には、ターミナル駅となる新箕面駅(仮称)を設置。千里中央駅とのあいだにある船場地域には、箕面船場駅(仮称)が設けられます。

青線が北大阪急行の延伸区間(国土地理院の地図を編集部が加工)。

 箕面市は、大阪都心のベッドタウンとして発展していますが、現在は大阪都心へ向かう南北方向の鉄道アクセスが不便です。また千里中央や船場地域では、建物の老朽化や社会情勢の変化などにより、街の活性化が課題になっていました。

 この北大阪急行の延伸により、箕面市を含む北大阪地域から大阪都心へのアクセスが向上。並行する幹線道路である新御堂筋(国道423号)の慢性的な渋滞緩和や、沿線の活性化にもつながると期待されています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 箕面までいくのはいいけど、北急行さん
    もうちょっとまともなスタッフにしてくださいよ
    どの、時間にもホームに駅員はいないし、
    病人がでたら、ホームにいないもんだからお客が駅員に連絡して、それから改札か駅長室からかけつけるしまつ、対応の遅さ。とくに千里中央はひどい。朝のラッシュ時にすらいない。
    駅長室スタッフの対応も最悪で行くといつも
    へらへら談笑してるし、たまたま休憩時間にばかり、私が訪れている訳ではないとおもいますよ。

  2. メリットが全く有りません。メリットが有るのは「西部市民=箕面線利用者」で「東部市民、主に北千里」
    は、千里中央経由でバスで行く方が、安上がりです。初乗り運賃は150円(特別運賃加算)だそうで、
    東部市民は240円で千里中央に行けますが、(延伸でバスは初乗り運賃220円ですが、延伸分150円加算なので380円となります。西部市民は現在でも千里中央まで、220円の初乗り運賃だけですから負担は延伸分だけです。)又、箕面への観光と言っていますが・仮に100㎞以上の観光客、JRは大阪市内行の切符で
    大阪経由、阪急梅田、箕面の方が時間が読め、負担が少ない点、延伸しても延伸代150円とバス220円で
    バスで20分掛かって乗っていくとは考えにくい話です。(電車は時間が読める、大阪市内行なら大阪迄行ける、阪急も270円で済む、現状でも千里中央は350円とバス代220円では・・。
    渋滞緩和とお書きですが・。箕面から千里中央のバスは渋滞時は専用路が有りますので、問題無いデス。
    (東部市民で北千里だと、171号の渋滞に巻き込まれ、名目は20分ですが・下手をすれば1時間は掛かる事も有りますから、東部市民は、4輪か2輪持ちです。2輪で100CCで走る60代70代の高齢者はザラ。)

    どうせ、延伸するのであれば、もっと北の白島までなら何とか2km圏内で徒歩もあるでしょうが・。
    新箕面では、東部市民の方が負担増(東部市民の方が収入は少ない方ですので・・借金は東部市民の方が
    重いです。) そもそも、予算が消費税5%で立てているのが可笑しいのですが・。