【今日は何の日?】特急「スーパーはくと」デビュー 京阪神・鳥取が近く

12月3日、特急「スーパーはくと」がデビューしました。

 1994(平成6)年の12月3日。第三セクター鉄道智頭急行が開業し、特急「スーパーはくと」がデビュー。京阪神と鳥取県方面が近くなりました。

 この日、上郡(兵庫県上郡町)~智頭(鳥取県智頭町)間56.1kmの智頭急行線が開通するまで、大阪~鳥取間の移動は特急でも4時間程度を要していましたが、同線の開通と特急「スーパーはくと」の運転開始によって2時間30分程度に大幅短縮。ほかの交通機関から利用客を獲得することに成功しています。

355psのディーゼルエンジンを1両あたり2基搭載する特急「スーパーはくと」のHOT7000系(2014年7月、恵 知仁撮影)。

 それに一役買っているのが、智頭急行の特急「スーパーはくと」用ディーゼルカー、HOT7000系です。乗り心地を維持したままカーブを高速で通過できる「振り子装置」を搭載し、最高速度は130km/h。優れた走行性能を誇ります。

 ちなみにHOT7000系の「HOT」は、智頭急行が通っている兵庫県、岡山県、鳥取県の頭文字が由来です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント