【今日は何の日?】茅葺きの駅が開業 東日本で唯一

12月22日、東日本で唯一となる屋根の構造が茅葺きの駅が開業しました。

 1932(昭和7)年の12月22日。鉄道省の会津線が上三依駅から湯野上駅まで延伸されました。現在の会津鉄道で、上三依駅は芦ノ牧温泉駅(福島県会津若松市)、湯野上駅は湯野上温泉駅(同・下郷町)です。

 このとき開業した現在の湯野上温泉駅は、東日本で唯一となる茅葺き屋根の駅舎を持っています。

Large 151222 yunokami 01
「東北の駅百選」にも選ばれている茅葺き屋根の湯野上温泉駅(写真出典:photolibrary)。

 ただ、1932年の開業当初からそうだったわけではなく、1987(昭和62)年にJR東日本から会津鉄道の路線になったのち、同年に茅葺き屋根の新駅舎が設けられました。江戸時代の面影を残しながら湯野上温泉駅付近に存在している「大内宿」の街並みになぞらえ、誕生しています。

 ちなみに、湯野上温泉駅の待合室には囲炉裏もあります。また西日本では、JR九州・久大本線の豊後中村駅(大分県九重町)も茅葺き屋根です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 「上三依駅」は間違いです。 正しくは、「上三寄駅」。
    駅付近の住所、「会津若松市大戸町上三寄」からきています。
    「三依」は、現在の栃木県日光市にある住所で、野岩鉄道に「上三依駅塩原温泉口駅」、「中三依駅」があります。直接線路が繋がっているので混同されたのでしょうか。