堺雅人さんの信繁が車体に ゆかりの地で『真田丸』電車登場 上田電鉄

大河ドラマ『真田丸』のラッピング電車が、真田氏ゆかりの地で走り出します。

出発式には「真田丸どーもくん」も

 上田電鉄は2016年2月9日(火)、大河ドラマ『真田丸』のラッピング電車を2月22日(月)から運行すると発表しました。

主役の真田信繁(幸村)を演じる堺雅人さんが描かれた大河ドラマ『真田丸』ラッピング電車(画像出典:上田電鉄)。

 また前日の2月21日(日)には、ラッピング電車の臨時運行と出発式が実施されます。出発式には、大河ドラマ『真田丸』PRキャラクターの「真田丸どーもくん」や別所温泉館組合のキャラクター「村長さん」、東急電鉄のキャラクター「のるるん」、伊豆急行おもしろ長の小林佳果さんもお祝いに駆けつけるとのこと。

 2月21日(日)に運行される臨時列車は、下之郷駅10時58分発の上田駅11時15分着、同駅11時36分発の下之郷駅11時51分着です。関係者以外は乗車できません。

 上田電鉄は、長野県上田市内で上田~別所温泉間11.6kmの別所線を運行する東急グループの鉄道会社。また上田市は真田氏発祥の地で、真田昌幸が築いた上田城などゆかりの地が多く存在。駅の壁面には夜になると、真田家の家紋である「六文銭」が浮かび上がります。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント