『あさが来た』ラッピング電車&バス運行延長 5月まで 大阪市交通局

大阪市交通局が今年1月から運行しているNHK連続テレビ小説『あさが来た』のラッピング電車・バス。その運行期間が、ドラマの放映終了後である5月まで延長されます。

ドラマ放映終了までの予定を

 大阪市交通局は2016年3月24日(木)、NHKで放映されている連続テレビ小説『あさが来た』のラッピング電車・バスについて、運行期間を5月7日(土)まで延長すると発表しました。

 2016年1月24日(日)から、ラッピング電車は地下鉄四つ橋線、ラッピングバスは88号系統(大阪前~天保山)などを走っています。その運行期間は当初、ドラマが終了する4月2日(土)までの予定でしたが、好評を受け延長することにしたそうです。

『あさが来た』ラッピング電車・バスのデザインイメージ(画像出典:大阪市交通局)

 このラッピング電車・バスは、登場人物のモデルである「広岡浅子」や「五代友厚」の活躍した舞台が肥後橋・北浜・淀屋橋などであることから、実施されたもの。大阪市交通局は「引き続き、市営地下鉄・バスを利用して舞台地をお訪ねください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント