ラーメンから人間将棋まで 地域限定「フィギュアみやげ」に東北版登場

地域を限定して、駅ナカで販売しているカプセルフィギュア「ラッキードロップ」が東北でも発売されます。

山手線や茨城バージョンも再入荷

 の売店KIOSKなどを運営しているJR東日本リテールネットは2016年4月7日(木)、カプセルフィギュア「ラッキードロップ」(400円)の新シリーズ「みちのくフィギュアみやげ」を4月27日(水)から発売すると発表しました。

 フィギュアは模型メーカー・海洋堂が製作。駅構内のカプセル自販機やNEWDAYSなどの駅ナカ店舗で購入できますが、シリーズごとに販売地域を限定しているのが特徴です。

 東北6県(青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島)のJR東日本主要駅を販売エリアとした「みちのくフィギュアみやげ」は7種類。トンネルから新幹線が顔を出している「青函トンネルとH5系新幹線」や、人が将棋の駒になり対局を行う山形県天童市の「人間将棋」をはじめ、「青森ねぶた祭」「伊達政宗騎馬像」「南部鉄器」「秋田小町」「喜多方ラーメン」がフィギュアになりました。

東北6県で新発売の「みちのくフィギュアみやげ」(画像出典:JR東日本リテールネット)。

 また、2月の発売から3週間で販売総数3万個以上が売れ、品薄になっていたという「山手線さんぽフィギュアみやげ」と「茨城フィギュアみやげ」が4月9日(土)に再入荷。

 首都圏のJR主要駅が販売エリアである「山手線さんぽフィギュアみやげ」は、「渋谷駅『ハチ公』」や「新橋駅『SL広場』」「上野『あんみつ みはし』」など6種類に、シークレットフィギュア1種類が新たに加わりました。

 関東5都県(茨城・東京・埼玉・神奈川・千葉)のJR主要駅と、茨城県内の観光施設などが販売エリアの「茨城フィギュアみやげ」は、1998(平成10)年まで活躍したボンネット型が特徴の「485系特急『ひたち』」をはじめ、「水戸黄門助さん格さん像」「あんこうの吊るし切り」など7種類。今回はさらにシークレットフィギュア1種類も加わります。

 JR東日本リテールネットは今後も、新たなラインナップとして、6月には「JR東日本鉄道コレクション」、8月には「上信越フィギュアみやげ」の発売を予定。「の記念や親しい方へのお土産に、是非ご利用ください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント