チャイナエアラインCAが西武特急に「搭乗」 台湾イベントにあわせ

西武鉄道が、埼玉西武ライオンズ対東北楽天ゴールデンイーグルス戦の「台湾デー」にあわせ、臨時特急にチャイナエアラインの客室乗務員を「搭乗」させます。

池袋~西武球場前間で運行

 西武鉄道は2016年4月11日(月)、チャイナエアラインの客室乗務員が車内アナウンスなどを務める臨時特急「スタジアムエクスプレス」を、4月24日(日)に運行すると発表しました。

チャイナエアラインの客室乗務員が西武鉄道の特急に「搭乗」(画像出典:西武鉄道)。

 この企画は「西武プリンスドーム」(埼玉県所沢市)での、埼玉西武ライオンズ対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で開催されるイベント「台湾デー」にあわせて実施。池袋発12時8分、所沢発12時33分、西武球場前着12時45分の「ドーム81号」と、西武球場前発16時32分、所沢発16時42分、池袋着17時10分の「ドーム82号」に、台湾(中華民国)を代表する航空会社・チャイナエアラインの客室乗務員が「搭乗」します。

 予定されている“乗務”は、車内アナウンスや時刻表配布のほか、池袋行きの「ドーム82号」では西武球場前特急改札での出迎えや、チャイナエアラインのノベリティ配布です。

 また、同日には「西武プリンスドーム」などにてスタンプラリーも実施。西武鉄道は「台湾を見て、知って、楽しんで、埼玉西武ライオンズを応援してください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント