飛行制限区域、伊勢志摩で設定 サミット開催にあわせ

伊勢志摩サミットの開催に伴い、その期間中、飛行制限区域が設定されます。

半径25海里の円内で飛行制限

 国土交通省は2016年4月14日(木)、第42回先進国首脳会議(伊勢志摩サミット)の開催に伴い飛行制限区域を設定すると発表しました。

伊勢志摩サミットの開催に伴い設定される飛行制限区域(画像出典:国土交通省)。

 航空機によるテロ防止対策の一環として、航空法第80条に基づき実施。範囲は志摩観光ホテル(三重県志摩市)を中心とする半径25海里(約46km)の円内で、期間は5月25日(水)0時から5月29日(日)0時までです。高度の限定はなし。また、要人輸送や警備・監視の航空機、管制機関から飛行を認められた航空機などは飛行制限が適用されません。

【了】

この記事の写真一覧

  • 160415_iseshima_01

関連記事

最新記事

コメント