フクロウとペンギンがSLに乗車 珍しい客車内で撮影も 大井川鐵道

大井川鐵道が、フクロウやペンギンと記念撮影ができるSL列車を運行します。

荷物車・客車合造車を特別連結

 大井川鐵道(静岡県島田市)は2016年4月14日(木)、フクロウやペンギンと記念撮影できるSL列車を運行すると発表しました。

 掛川花鳥園(静岡県掛川市)のミナミアフリカオオコノハズクの「ポポ」と、ケープペンギンの「ゆず」が、全国でも珍しいという特別連結された荷物車・客車合造車(オハニ36 7)に乗車。事前予約した40組と記念撮影できるというものです。

SL列車に乗車するミナミアフリカオオコノハズクの「ポポ」と、ケープペンギンの「ゆず」(画像出典:大井川鐵道)。

 運行日は4月24日(日)。新金谷発11時52分・千頭着13時9分と、千頭発14時53分・新金谷着16時9分の1往復で、記念撮影に参加できるのは、両発とも各20組。SLの乗車料金のほか、動物との写真撮影料金が1組あたり1500円必要です(写真屋が撮影するおみやげ写真1枚付き)。手持ちのカメラや携帯電話での撮影も可。時間は1組につきおよそ2〜3分です。

 なお、SL列車の終点・千頭駅(静岡県川根本町)では参加無料のふれあいタイムも設けるとのこと。大井川鐵道は「貴重な客車の中にフクロウとペンギンがいる、不思議な空間」で写真撮影を楽しめるとしています。

【了】

関連記事

最新記事

コメント