三峯神社へのバス、5月1日は5時間以上の遅延や減便を予告

西武観光バスが西武秩父駅~三峯神社間を結ぶバス路線について、5月1日は「著しい渋滞」が予想されることから遅延予想とダイヤ変更を告知しています。

通常の所要時間は1時間15分

 西武観光バスは西武秩父~三峰口駅~三峯神社間で運行している急行バスの、2016年5月1日(日)の運行に関して、遅延の予想とダイヤ変更を告知しています。

 その日はゴールデンウィークの日曜日で、かつ、三峯神社(埼玉県秩父市)で「白い氣守」が頒布される日です。同社によると関係各所と調整を図っているものの、予想される著しい渋滞については「解消が見込めない」としています。

 この路線では、通常は平日・土休日ともに1日5往復を運行。4月29日(金)~11月27日(日)の土休日にはさらに1往復多い6往復を運行しています。しかし5月1日に限っては西武秩父駅発が8時30分発2便と9時10分発2便の計4便に(西武秩父駅着は6便であるものの変更あり)。その上、一部の便は本来の発着場所である三峯神社(駐車場)の、手前にあるヘリポートが臨時の発着場所とされました。ヘリポート~三峯神社間の徒歩での所要時間はおよそ25分です。

秩父神社、宝登山神社とならぶ秩父三社のひとつ、三峯神社。写真はその随身門(2014年8月、恵 知仁撮影)。

 ダイヤ変更のほか、遅延についても告知されています。西武秩父駅~三峯神社間の所要時間は時刻表では1時間15分ですが、5月1日はそれにプラスして、三峯神社のヘリポート行きが「3時間以上」、駐車場行きが「5時間以上」を「予想遅延時分」として発表しています。西武秩父駅行きも「予想遅延時分」が「1時間以上」もしくは「2時間以上」とされています。

 2015年11月1日(日)には最大8時間を要したというこの路線。同社では、さらに遅延が生じる可能性があることや、接続する交通機関の乗れ遅れ、宿泊施設などの補償は「出来かねます」とし、あらかじめ了承したうえで利用するよう呼びかけています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. このようなケースこそ自家用車最優先ではなくパーク&ライドなども活用して、公共交通最優先で運営すべきですよ!公共交通存続・発展の為にも。
    神奈川県伊勢原市の大山をはじめとして各地では観光シーズンの道路大渋滞も、路線バス優先にて交通整理員を大増員して迂回や全く動かない渋滞車両追い越し対応などで路線バスを走行させて運行確保・維持に努めていますよね?自家用車は離れた場所へ誘導してシャトルバス運行すれば良いのに!

  2. どうして毎年性懲りもなくクルマでやって来るのだろう。
    火事の中に突っ込んでいく聖火ランナーと変わらんぞ?