九州5県のキャラあしらった飛行機就航へ ソラシドエアの地震復興支援

ソラシドエアは熊本地震を受け、「『がんばろう!九州』復興支援プロジェクト」を立ち上げると発表。その一環として九州5県のキャラクターなどをデザインした「がんばろう!九州号」を就航させます。

「がんばろう!九州号」は5月末から運航予定

 ソラシドエアは2016年5月16日(月)、「2016年熊本地震」で被災した地域を支援する取り組みのひとつとして、「『がんばろう!九州』復興支援プロジェクト」を始めると発表しました。

 そのひとつは「がんばろう!九州号」と名付けられたラッピング機。プロジェクトのロゴマークに加え、熊本県の“営業部長兼しあわせ部長”を務める「くまモン」や大分県応援団“鳥”の「めじろん」をはじめとする九州5県のキャラクターなどがデザインされた機体で、5月末から運航が開始される予定です。

「がんばろう!九州号」のデザインイメージ(画像出典:ソラシドエア)。

 また、機内で販売している「九州の素材を活かしたオリジナル商品等」(ソラシドエア)の売上金の一部が、復興支援のために寄付されます。ソラシドエアのウェブサイトや機内誌などでは、復興支援情報の提供も行われます。

プロジェクトのロゴマークには、ソラシドエアの九州の就航地である熊本、長崎、大分、宮崎、鹿児島のキャラクターが集合(画像出典:ソラシドエア)。

 宮崎県宮崎市に本社のあるソラシドエアでは、「これまで地元の皆様に支えていただいた恩返しの気持ちを込め、そして、私たちが大切にしてきた地域との繋がりをひとつの大きな輪にして、ソラシドエアだからこそできる復興支援」に取り組んでいくとしています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント