艦船や直交線路跡も 乗りものにちなんだウォーク企画、横須賀で6月開催

京急電鉄と横須賀市が、旧海軍の倉庫や引き込み線跡などをめぐる「よこすかYYのりものフェスタウォーク」を開催します。

当日は「よこすかYYのりものフェスタ2016」も開催

 京急電鉄と横須賀市(神奈川県)は2016年5月17日(火)、「よこすかYYのりものフェスタウォーク」を6月11日(土)に開催すると発表しました。

 を出発し、三浦半島の見どころをめぐりながらゴールまでのコースを楽しむウォーキングイベント「よこすか京急沿線ウォーク」は今年度に5回の開催が予定されており、「よこすかYYのりものフェスタウォーク」はその2回目。横須賀市内にあるJR横須賀駅や三笠公園などで6月11日(土)、12日(日)に開催される「よこすかYYのりものフェスタ2016」にあわせて実施されます。

 ウォーキングイベントのコースは、追浜駅から徒歩5分の場所に位置する雷(いかづち)神社からスタート。途中、長浦港や旧海軍軍需部長浦倉庫、引き込み線跡、安針台公園、浦賀道を経由しながら、ゴールの港町公園(よこすかYYのりものフェスタ会場近く)まで約10km、所要およそ3時間半の道のりを歩きます。

安針台公園からの眺望イメージ(写真出典:京急電鉄)。

 引き込み線跡には、線路の直交部分がダイヤモンド形(ひし形)に見えることに由来する「ダイヤモンドクロッシング」があったり、安針台公園からは海上自衛隊の艦を見ることができたり、といったように各所で乗りものにまつわる景色が楽しめるといいます。

引き込み線跡にある「ダイヤモンドクロッシング」(写真出典:京急電鉄)。

 ウォーキングへの参加に際して事前の申し込みは不要。参加費も無料です。当日、雷神社に集合し、受付を済ませ随時出発します。受付時間は午前9時から午前11時までです。ヒール、ベビーカーでの参加はできません。

 ゴール受付は15時までで、ゴールした人には参加記念品として、特製オリジナル缶バッジがプレゼントされます。

 なお、荒天中止の場合、当日7時頃に京急電鉄のウェブサイトにてその旨が掲載されます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント