特急「あそぼーい!」、6月も博多~門司港間で運転 今度は平日も JR九州

熊本地震による豊肥本線の運休に伴い、GWや5月の土日などに博多~門司港間で臨時運転が実施された特急「あそぼーい!」が、6月も同区間で臨時運転されます。

「あそぼーい!」限定の「あそモコ弁当」も販売

 JR九州は2016年5月20日(金)、特急「あそぼーい!」を鹿児島本線の博多~門司港間で、6月1日(水)~30日(木)の水曜日から日曜日(6月8日、9日を除く)に臨時運転すると発表しました。

 特急「あそぼーい!」は、豊肥本線の熊本~阿蘇~宮地間で土日や祝日を中心に運行されていましたが、4月に発生した熊本地震により同線の一部区間が不通になっていることから、今年のゴールデンウィークと5月の土日には博多~門司港間で臨時運転が実施されました。

熊本地震で運休中の特急「あそぼーい!」が、博多~門司港間を走行する(写真出典:JR九州)。

 博多~門司港間での運行は1日1往復。「あそぼーい!92号」は博多発11時38分、門司港着13時13分。「同91号」は門司港発14時57分、博多着16時12分のダイヤです。途中、香椎、折尾、黒崎、小倉、門司に停車します。列車は4両編成で全車指定席。きっぷは駅の「みどりの窓口」などで発売されています。

 特急「あそぼーい!」は、前面展望が楽しめる「パノラマシート」のほか、3号車のファミリー車両にはキャラクター犬「くろちゃん」がデザインされた座席「白いくろちゃんシート」や遊び場、図書室が設置されているなど、「楽しい仕掛けがいっぱい」(JR九州)の列車です。

 車内では熊本の和牛「あか牛」や阿蘇の米などを使用した「あそぼーい!」限定の「くろちゃんのあそモコ弁当」をはじめ、阿蘇地区や熊本県産の商品などが販売される予定です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント