イスラム教徒向け「ハラール認証」機内食、国際線で提供開始 JAL

2016年6月1日から、JALの日本発国際線全便において、「ハラール認証」を取得したイスラム教徒向け機内食の提供が始まりました。

日本発の国際線全便で

 JAL(日本航空)は2016年6月1日(火)から、日本発の国際線全便で「ハラール認証」を取得したイスラム教徒向け機内の提供を開始しました。

「ハラール認証」とはイスラム教にのっとった基準をクリアし、イスラム法において合法と認められること。JALによると、これまでもイスラム教徒向けの機内特別食がJAL便で提供されてきましたが、今回、食材や調理方法をはじめ、調理工場、食器など製造工程全体について、宗教法人日本イスラーム文化センターから「ハラール認証」を取得。イスラム教徒の利用者が安心して食事を楽しめるようにしたといいます。

「ハラール認証」を取得したイスラム教徒向け機内食。上がビジネスクラス、下がエコノミークラスのイメージ(写真出典:JAL)。

 イスラム教徒向け機内食は全クラスで申し込みが可能。出発時刻の24時間前までにメールもしくは電話で予約が必要です。

 なお、日本発以外のJAL路線では、マレーシアのクアラルンプールを出発するすべての便で、イスラム教徒向け機内食に加え通常の和食、洋食メニューが、インドネシアのジャカルタを出発するすべての便でも、イスラム教徒向け機内食に加え通常の洋食メニューが、「ハラール認証」を取得しています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント