鵜飼や宇治茶のPRイベント、京橋駅で開催へ ヘッドマーク掲出も 京阪

2016年6月13日、京阪電鉄の京橋駅で「宇治川の鵜飼」や宇治茶をPRする「鵜飼・宇治茶観光キャンペーン」が実施されます。

女性鵜匠や「宇治茶レディ」も参加

 京阪電鉄は2016年6月8日(水)、「鵜飼・宇治茶観光キャンペーン」を6月13日(月)午前10時から、京橋(大阪市都島区)の構内で実施すると発表しました。

「鵜飼・宇治茶観光キャンペーン」に参加する予定の「宇治茶レディ」(写真出典:京阪電鉄)。

「宇治川の鵜飼」や宇治茶、観光地など、宇治の魅力を多くの人に知ってもらおうと、宇治市観光協会主催、京阪電鉄協力のもと行われるイベントです。当日は宇治川の女性鵜匠(うしょう)や「宇治茶レディ」も参加し、宇治茶の一煎パックやオリジナルクリアファイル、観光パンフレットが配布されます。

キャラクター「うみうのウッティー」が描かれた「宇治川の鵜飼」特別ヘッドマーク(画像出典:京阪電鉄)。

 また、京阪線では「宇治川の鵜飼」の特別ヘッドマークを取り付けた電車が運行されます。ヘッドマークは、国内初の人工孵化によって生まれたウミウのひな「ウッティー」をイメージしたキャラクターが描かれたもので、「宇治川の鵜飼川開き」の日である7月1日(金)から、9月30日(金)までの期間、9000系電車1編成と13000系電車1編成に掲出される予定です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント