街歩きのコース作りが簡単に 観光情報サイトに新機能導入 JR東海

JR東海が観光キャンペーン「Japan Highlights Travel」のウェブサイトに、旅行する日やテーマに合わせて観光情報や街歩きコースを提案する新機能を導入しました。

スマホからも利用可

 JR東海は2016年6月8日(水)、東海道新幹線沿線の魅力を紹介する観光キャンペーン「Japan Highlights Travel」の一環として、ウェブサイト上で街歩きコースを作成できる機能などを導入したと発表しました。

 新しく提供する機能は「CT-Planner」と「365days of 東海道」のふたつ。スマートフォンからも利用できます。

「CT-Planner」は首都大学東京と東京大学が共同開発した、街歩きコースの作成を支援するツールです。エリアや所要時間、テーマなどを設定すると、条件に合った街歩きコースが地図上に表示されます。

「365days of 東海道」は、観光情報を検索できるツールです。カレンダーから日にちや目的地、ジャンルを選択すると、お祭りや季節のグルメ、見頃の花などの情報が提供されます。

新たに導入された「CT-Planner」(左)と「365days of 東海道」(画像出典:JR東海)。

 このほか「Japan Highlights Travel」では、小田原市との共同企画を実施。改修が行われた「小田原城天守閣」の入場券や、名産品の購入に使えるクーポンがセットになった日帰り行商品の販売などが行われます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント