「どこでもドア」実証実験へ 駅ホームで複数のドア数・位置に対応 京急

複数のドア数、位置に対応するマルチドア対応ホームドア「どこでもドア」の実証実験が、京急久里浜線の三浦海岸駅で2016年秋ごろから行われます。

車掌のホームドア操作は不要

 京急電鉄は2016年7月12日(火)、三菱重工交通機器エンジニアリングが開発を進めてきたマルチドア対応ホームドア「どこでもドア」の実証実験を、今年秋ごろから久里浜線の三浦海岸(神奈川県三浦市)で実施すると発表しました。

 この「どこでもドア」は、車両のドア数やドア位置などが異なる場合にも対応するホームドアとして開発が進められてきたものです。車両の改修は必要とせず、地上設備のみでホームドア開閉の連携が可能な「地上完結型連携システム」が採用されています。これによりホームドアは自動で開閉するため、車掌はホームドア側の操作をすることなく、車両ドアの開閉作業のみを行うことになります。

青と白でデザインされたマルチドア対応ホームドア「どこでもドア」のイメージ(画像出典:京急電鉄)。

 今回の実証実験では「どこでもドア」を三浦海岸駅下りホームの最後部1両分に設置し、安全性と耐久性、そして「地上完結型連携システム」の安定性が検証されます。期間は実証実験用のホームドアが設置される2016年秋ごろから1年間の予定です。

 京急電鉄はこの実証実験に協力するとともに、この結果を踏まえ、今後、ホームドアの設置を含むホーム安全対策の検討をしていくとしています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 最近ホーム転落事故人身事故等が多いので実験は必要であると思います。