京浜東北線の浦和、さいたま新都心駅でホームドア設置へ 埼玉県内JRでは初

京浜東北線の浦和駅とさいたま新都心駅に、ホームドアが設置されます。設置工事の期間は2016年7月から1年程度の予定です。

工期は2016年7月から1年程度の予定

 JR東日本・大宮支社は2016年7月14日(木)、浦和(さいたま市浦和区)とさいたま新都心駅(同・大宮区)の京浜東北線ホームに、国とさいたま市の協力のもと、ホームドアを設置すると発表しました。

浦和駅におけるホームドア設置のイメージ(画像出典:JR東日本)。

 浦和駅、さいたま新都心駅ともに、ホームドアが設置されるのは1、2番線。工期は2016年7月から1年程度の予定です。ホームドアの整備は、埼玉県内のJR線としては初めてといいます。

 JR東日本はホームにおける安全対策として、大規模な改良を予定している駅を除く山手線の23駅にホームドア設置を完了。京浜東北線では、赤羽、上野、大井町、鶴見駅で設置工事を進めています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント