「旅行」にも使えるスーパースポーツ「McLaren 570GT」日本初公開

F1の強豪チームとして有名な「マクラーレン」のグループ企業「マクラーレン・オートモーティブ」のスーパースポーツ「McLaren 570GT」が日本初公開されました。従来のモデルより日常の使いやすさや長距離移動の快適性が高められたクルマです。

F1マシン直系のスーパースポーツ

 イギリスに本社を置くマクラーレン・オートモーティブ社は、その名の通りF1の強豪チームとして有名なあの「マクラーレン」グループの企業。スポーツシリーズ・ファミリーとして「570S Coupe」と「540C Coupe」のスーパースポーツカー2種を発売しています。それに続く第3弾として2016年8月5日(金)、「McLaren 570GT」の実車を日本初公開しました。

 従来のモデルに比べ、ステアリングやサスペンションのセッティングがややマイルドに変更されたほか、シート後方には「ツーリング・デッキ」と呼ばれる220リットル分のラゲッジスペースが追加されたことで、小行程度の荷物は十分に積めるようになりました。

自動車イベント「オートモービル カウンシル 2016」の会場で発表された「McLaren 570GT」(2016年8月、佐々木基博撮影)。

 このように快適性がアップしましたが、動力性能は圧倒的です。マクラーレン独自の3.8リッターV8ツインターボエンジンから、最高出力570PS(562bhp)、最大トルク600Nm(443lb ft)を発揮。最高速度は328km/h、値段は2752万7000円からです。

 この「McLaren 570GT」の生産は完全ハンドメイド。およそ11日間をかけて、1台が完成されるそうです。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント