京急線横浜以南のトンネルで携帯電話エリア化工事開始

京急本線、逗子線、久里浜線のトンネル内で携帯電話サービスを使えるようにする工事が始まります。対象箇所は計29か所。完了すれば京急線内すべてのトンネル内で、携帯電話サービスが利用できるようになります。。

工事完了後は京急線全線のトンネルで利用可能に

 京急電鉄とNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは2016年8月5日(金)、本線、逗子線、久里浜線のトンネル区間で、携帯電話サービスを利用できるようにすると発表しました。

 携帯電話やタブレット端末の通信を可能にするもので、サービス開始後は列車内において、事故や災害時などでも情報収集の手段として利用できるといいます。

京急線・横浜以内のトンネルで、携帯電話サービスを利用できるようにする工事が始まる(写真出典:京急電鉄)。

 対象箇所は本線・戸部〜浦賀間のトンネル内23か所、逗子線・六浦〜神武寺間のトンネル内2か所、久里浜線・京急久里浜〜津久井浜間のトンネル内4か所です。

 工事着手は8月8日(月)。サービス開始は2017年度から2018年度にかけての予定で、工事が終わったトンネルから順次利用できるようになります。

 なお、空港線・糀谷〜羽田空港国内線ターミナル間のトンネル内では2014年12月から、本線・泉岳寺〜品川間のトンネル内では2015年2月から携帯電話の通信サービスが提供されており、さらに今回の該当区間で工事が完了すると、京急線全線のトンネル区間で携帯電話サービスが利用できるようになります。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント