レクサス、2016年上半期の販売実績を発表 3年連続で過去最高に

レクサスが2016年1~6月の全世界販売実績を発表。2015年後半に投入された新型ES、RX、LXが販売を牽引し、3年連続で過去最高を記録しています。

昨年投入の新型ES、RX、LXが貢献

 レクサスは2016年8月9日(火)、今年1月から6月までの全世界販売実績を発表しました。

 主要地域別の販売実績は次のとおりです。

・北米:約16.2万台(前年比96%)
中国:約4.7万台(前年比126%、香港を含む)
・欧州:約3.6万台(前年比116%)
・日本:約2.8万台(前年比126%)
・中近東:約2.2万台(前年比99%)
・東アジア:約1.2万台(前年比119%、台湾を含む)

2015年10月に4代目が発売されたレクサス「RX」(写真出典:トヨタ)。

 2015年後半に投入された新型「ES」「RX」「LX」が販売を牽引し、2016年1~6月の販売実績はおよそ31.9万台(前年比5%増)となり、3年連続で過去最高を記録したといいます。

 レクサスインターナショナルの澤 良宏エグゼクティブヴァイスプレジデントは、「レクサスは、今後もエモーショナルな走りと魅力的なデザイン、先進技術、そして匠の技を積極的に採り入れて、お客様の期待を超えるクルマづくりを継続していきたい」とコメントしています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント