球団が縁に? 「東武×西武」ライオンズリレー号、9月に運行

2016年8月24日から、東武東上線で「埼玉西武ライオンズ」のヘッドマークを掲出した「『東武×西武』ライオンズトレイン」が運行されます。また、9月17日、18日には東武線から西武線に連絡運行する「『東武×西武』ライオンズリレー号」も運転される予定です。

東武西武ライオンズの特別電車を運行

 東武鉄道と西武ライオンズ、西武鉄道は2016年8月17日(水)、東武東上線の50000系電車1編成に「埼玉西武ライオンズ」のヘッドマークを掲出した「『東武×西武』ライオンズトレイン」を、8月24日(水)から運行すると発表しました。

 西武ライオンズは2015年および2016年に、本拠地の「西武プリンスドーム」がある所沢市を含む近隣13市1町と、連携協力に関する基本協定を締結。「フレンドリーシティ」と称し、地域振興やスポーツ振興、青少年の健全育成などの分野で連携を深めていくとしています。

「『東武×西武』ライオンズトレイン」のヘッドマークと、それを掲出する東武鉄道の50000系電車のイメージ(画像出典:西武鉄道)。

 今回の取り組みは、東武東上線沿線の8市町(川越市、朝霞市、新座市、志木市、和光市、富士見市、ふじみ野市、三芳町)が「フレンドリーシティ」になったことを記念し、9月17日(土)と18日(日)に「東武東上線沿線 フレンドリーシティ感謝デー」(対「東北楽天ゴールデンイーグルス」戦)が開催されること、そして今年2月に西武新宿線の本川越に西口が開設され、東武東上線・川越市駅との乗り換えが便利になったことを受けて実施されるものです。運行期間は9月18日(日)までの予定です。

「埼玉西武ライオンズ」のマスコットキャラクター「レオ」(左)と「ライナ」。特技はそれぞれアクロバット、セクシーポーズという(写真出典:西武鉄道)。

「『東武×西武』ライオンズトレイン」は東武東上線の池袋~小川町間を往復。車内は「東武東上線沿線 フレンドリーシティ感謝デー」のポスターで統一されます。運行初日の8月24日(水)には東武東上線の川越市駅3番ホームで、川越市駅長や「埼玉西武ライオンズ」のマスコットキャラクターの「レオ」と「ライナ」、川越市マスコットキャラクターの「ときも」らが出席し、出発式が開かれます。

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント