秒速の「まわし取り」 新幹線車内清掃、窓の向こうで駆使される早業

【動画あり】新幹線の車内清掃では、運行に与える影響を最小限にするため、さまざまなテクニックが駆使されています。座席の自動一斉回転ができない東海道新幹線では、「まわし取り」もそのひとつ。その早業を目の前で取材してきました。

座面は交換が可能だが

 2016年7月のある日、品川から東海道新幹線下り列車の指定席に乗ったところ、隣の席に「この座席は汚損によりご利用できません」と書かれた紙が置かれていました。

汚れのため座席の使用不可を示す紙。日本語と英語で書かれている(2016年7月、恵 知仁撮影)。

 座席を見ると、特にぬれていたり、周囲の席へ影響がおよぶものではありませんでしたが、背もたれから座面にかけて黒い筋状の汚れが存在。JR東海によると、東京駅での折り返し運転にあたって車内清掃を行った際、座面は交換できるため、そこだけに問題がある場合は交換対応が可能。しかし問題がそれ以外に広がっている場合は、このように使用停止にすることがあるといいます。

 列車が折り返すまでの短い時間で行われる新幹線の車内清掃、しばしばその早業が話題になりますが、基本的な清掃とあわせて、臨機応変にこうした対応を行っているわけです。

この記事の写真一覧

1 2 3 4

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 自動で回る様にすればアルバイトの神業も不要ですね

  2. 頭部分の布のとり方が美しく合理的ですね。
    片方とって回転して反対側とる流れが滞りなくいいです
    公開動画で空振りがあるのは笑った。見られて緊張したんでしょうか(^^)