スバル、7月度の輸出台数が過去最高に 国内販売は前年同月比で減少

富士重工業が2016年7月度の生産、国内販売、輸出実績を発表。輸出台数が過去最高を記録したといいます。

国内販売は「フォレスター」が好調を維持

 2016年8月30日(火)、富士重工業は同年7月度の生産、国内販売、輸出実績を発表しました。

 国内生産は前年同月比マイナス9.3%の6万1133台、海外生産はプラス49.3%の1万6176台で、世界合計は7万7309台。国内は前年同月比で稼働日数が2日少なかったことが影響、海外は旧カムリ製造ラインでスバル車の製造を始めたため対前年で大幅増になったといいます。

スバルの新型「インプレッサ」(写真出典:富士重工業)。

 国内販売は、登録車については「フォレスター」が好調を維持しているもののその他の車種が減少し、前年同月比マイナス18.3%の8906台。軽自動車は「ステラ」「プレオ」「サンバー」が増加し、プラス6.3%の3369台。合計は1万2275台です。

 輸出は、7月単月としては過去最高の5万4418台(前年同月比プラス2.2%)を記録。富士重工業によると、主に北米向けやその他地域向けの「インプレッサ」「フォレスター」が増加し、前年を上回ったとしています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント