「鉄道の日」記念乗り放題きっぷ、今秋も発売 青函区間はオプション券も JRグループ

JRグループが今年も、10月14日の「鉄道の日」を記念した乗り放題きっぷを発売。「秋の乗り放題パス」には「北海道新幹線オプション券」も登場します。

JR西日本管内が乗り放題のきっぷも発売

 JRグループは2016年9月2日(金)、今年も10月14日の「鉄道の日」にあわせて「秋の乗り放題パス」を発売すると発表しました。

 全国のJR線で普通列車および快速列車の普通車自由席が連続3日間、乗り放題になるきっぷで、BRTバス高速輸送システム)とJR西日本宮島フェリーも利用可能。また一部の特例区間では、場合によって特急列車、急行列車や第三セクター鉄道線に乗車することもできます。ただし、1枚のきっぷを複数名で利用することや、大人用のきっぷ1枚を子ども2人で利用することはできません。

 発売期間は9月17日(土)から10月21日(金)まで。利用期間は10月8日(土)から10月23日(日)のうち連続する3日間です。価格は大人7710円、子ども3850円。全国の主なJR、JRの行センター、主な旅行会社で発売されます。

 また、普通列車、快速列車が運行されていない青函トンネルを含む区間を利用できる「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」も発売。北海道新幹線の奥津軽いまべつ~木古内間(普通車の空いている席)、道南いさりび鉄道の木古内~五稜郭間(普通列車)にそれぞれ片道1回、乗車することが可能です。奥津軽いまべつ駅(青森県今別町)への乗り換えは、在来線である津軽線の津軽二股駅(同)を利用します。価格は大人2300円、子ども1150円です。

普通列車、快速列車の普通車指定席には指定席券が、グリーン車自由席にはグリーン券が、「ライナー列車」にはライナー券がそれぞれ必要になる(2006年10月、恵 知仁撮影)。

 JR西日本でも「鉄道の日」を記念し、同社の普通列車、快速列車の普通車自由席とJR西日本宮島フェリーが乗り放題になる「鉄道の日記念 JR西日本一日乗り放題きっぷ」を発売します。乗車当日限り有効。価格は大人3000円、子どもは1500円です。

 発売期間は9月17日(土)から10月23日(日)まで、利用期間は10月8日(土)から10月23日(日)まで。IRいしかわ鉄道の金沢~倶利伽羅間、あいの風とやま鉄道の倶利伽羅~市振間、えちごトキめき鉄道日本海ひすいラインの市振~糸魚川間を走る普通列車の普通車自由席も利用できます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. この切符、年1回発売から4~5月のゴールデンウィークバージョンも発売して年2回の発売にして欲しいですね。

  2. 渡道するなら、盛岡で鉄道を放棄して、高速バス八盛号~シルバーフェリー(夜行)~高速とまこまい号のルートで札幌入りした方がいいような気がする。道央、道東、道北を目指すならなおさらだ。

    このルートを「なかよしきっぷ」7000円強で通過できる。

    一見高いように見えるけど、どこかで一泊はしなきゃいけないんだろうし、結局は変わらないんじゃなかろうか。むしろ、朝六時に苫小牧に上陸出来ることを考えると、非常に効率的だ。

    フェリーの快適性も嬉しい。
    雑魚寝にはなるが横になって休める、風呂にも入れる・・・こんな芸当ができるのは今やフェリーぐらいなものだ。

    18きっぷ愛好家の方々に是非検討してほしいルートである。