東海道本線・品川駅で線路切り換え 11月土日に20時間運休 JR東日本

東海道本線・品川駅での線路切り換え工事にともない、2016年11月19日から翌20日にかけて、およそ20時間にわたり東海道本線(上野東京ライン)などの一部区間で運休や変更が生じます。

山手線、京浜東北線などは通常通り運転

 JR東日本 東京支社は2016年9月13日(火)、品川(東京都港区)で東海道本線の線路切り換え工事を行うため、11月19日(土)から翌20日(日)にかけて、およそ20時間にわたり一部区間で列車の運休や変更が生じると発表しました。

 品川駅では2011年から、東海道本線の東京方への折り返し機能の整備と車両基地のスリム化を目的とした改良工事を実施。今回は東海道本線上りの新線への切り替えと駅ホームの変更が行われます。

東海道本線上りの線路を車両基地側に移設。品川駅のホームも6、7番線に変更(画像出典:JR東日本)。

 工事の時間帯は11月19日(土)の午前10時20分ごろから翌20日(日)の午前6時20分ごろまで(延期の場合は2017年1月21日~翌22日)。特急「ひたち」「ときわ」と上野東京ラインの常磐線直通列車が上野~品川間で運休するほか、19日(土)の14時20分ごろからは東海道本線(上野東京ラインの宇都宮線、高崎線直通列車)の東京~品川間も運休になるなどの影響が生じます。

 寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」の19日(土)発下り列車と、特急「スーパービュー踊り子」「踊り子」の一部列車は、始発駅または終着駅が品川駅に。また、横須賀線も一部列車に変更が生じます。なお、山手線、京浜東北線、特急「成田エクスプレス」、湘南新宿ラインは通常通りの運転です。

 この工事により、品川駅における東海道本線上りのホームは6、7番線に変わる予定。線路も山手線と京浜東北線に並んでいる現在のルートから、車両基地側に移設されます。

 ちなみに11月19日(土)~20日(日)は、東京メトロ銀座線の渋谷駅でも線路切り換え工事を実施。渋谷~表参道間と青山一丁目~溜池山王間の2区間が、初電から終電まで運休します。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 上野東京ラインの20時間運休はしょうがないです。5番線の使用停止で6、7番線への切り替えは大掛かりな工事になるので将来の新駅整備に欠かせない大規模工事になると思います。

  2. JR品川駅の在来線ホームを1面ずつ新幹線側に寄せてって、京急線のホームを移設・増設できないかな? 全ホームが泉岳寺方面直通となれば、いろいろできるようになりそうかと。

    • 京急線ホームは地平化が予定されていますが、どうやら在来線と京急線の間にある山手線の留置線5本の用地を捻出するようです。これにより京急線ホームは2面4線となり、緩急接続も行える構造となります。

      ちなみにこの動きは埼京線の板橋駅での留置線設置工事から読み取ることができます。なぜ板橋駅なのかというと、品川駅の留置線が使えなくなる分を玉突きで移動するとのこと。
      『現在留置している山手線車両5本を「東京総合車両センターに2本」「池袋運輸区に3本」に移転し、池袋運輸区に留置されている埼京線車両3本を、取得した板橋駅東側用地に電留線3線を新設し、移転する計画』だそうです。