14系など鉄道車両を一般にも販売 北陸の運送会社 全国から旧車が集まるワケ

国鉄・JRの夜行列車などに使用された14系客車をはじめ、役目を終えた鉄道車両が「販売」されています。一般の個人でも購入が可能。売り出しているのは、北陸にあるJR貨物の関連会社です。背景には、「モノを人に届ける」という運送業の本来のミッションがありました。

貴重な車両の数々がピカピカな状態で

 急行「はまなす」(青森~札幌)や「津軽」「八甲田」(上野~青森)など、かつて全国の国鉄・JRで夜行列車などに使われていた青い車体の14系客車。それが現在、一般の人にも向けて販売されています。

現在販売されている14系客車(カットボディ)。JR東海から樽見鉄道に譲渡され、2006年まで活躍した車両(写真出典:ジェイアール貨物・北陸ロジスティクス)。

 ほかにも、和歌山県御坊市を走る紀州鉄道のディーゼルカー、1952(昭和27)年に造られたキハ605や、樽見鉄道を走ったレールバスのハイモ230形などが、ピカピカに補修された状態で売り出されています。

もと紀州鉄道のキハ605。動く状態にしてあるという(写真出典:ジェイアール貨物・北陸ロジスティクス)。

 販売を手掛けるのは、ジェイアール貨物・北陸ロジスティクスというJR貨物グループの運送会社。ウェブサイト上で紹介されている販売車両は、JR氷見線の伏木(富山県高岡市)に隣接する旧貨物ヤードの、同社が管理する側線に留置されています。

 いったいなぜ、運送会社が鉄道車両を販売するのでしょうか。

この記事の写真一覧

1 2 3 4

関連記事

最新記事

コメント