ウィラーの新しいスタンダードに 新3列シート「Luxia」登場、その内容とは?

高速バス「WILLER EXPRESS」で、新しいシートを搭載したバスが走ります。独立3列シートの「新しいスタンダード」となるもので、リニューアルされた外装も、今後の基本デザインになるそうです。木材をふんだんに使用して「リビング」のような空間を創出したというそのシートとは、どのようなものなのでしょうか。

車体後部に注目 外装も新デザイン

 ウィラー・エクスプレス・ジャパンは2016年9月29日(木)、高速バス「WILLER EXPRESS」の新シート「Luxia(ラクシア)」と、これを導入した新しいバスのお披露目を行いました。

 全席独立3列シートの「Luxia」では、ハイデッカー車両より50mm高い、全高3520mmのスーパーハイデッカー車両(三菱ふそう「エアロクィーン」)を同社で初めて使用。「20代後半から30代の、流行に敏感でアクティブに行動する女性」というメインターゲットに向けて、乗客の目線を従来よりも高くし、ラグジュアリー感を向上させています。

車体側面は、リボンで「Wの波」を表現したデザインに(2016年9月、中島洋平撮影)。

 ウィラーのバスといえば、大きく「W」をあしらった車体側面のロゴが印象的ですが、その車体デザインもリニューアル。「W」をつなげたようなピンクのリボンを側面にあしらい、「世界を変える『Wの波』を表現した」といいます。

 また車体後部に、楽しむ女性たちの写真を大きくプリント。「バスに乗っている人を楽しく」を、この新しいバスのデザインコンセプトとしているそうです。

車体後部には、楽しむ女性たちの写真が大きくプリントされている(2016年9月、中島洋平撮影)。

 おもに夜行便において、3列シートの車両を多彩に展開するウィラー。平山幸司ウィラー・エクスプレス・ジャパン社長によれば、「Luxia」はそのなかでも「独立3列シートの新しいスタンダードにすべく開発したもの」とのこと。バスの新しい外装も、「当社のバスの基本デザインとして今後、踏襲していく予定」といいます。

1 2 3

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. ウィラーも次々と新しい手を打ってくるな。
    そのうち、「鉄道に手を染めたし、次はフェリーとLCCを自前でやるゾ!」などと言い出したりして(笑)

    ところで今回の「Luxia」、こちとら中年オジサンには場違い感が漂う車両になりそう(笑)
    実際、旅客として一番似合いそうなのは20~40代のおねえちゃんたちなのだろう。

  2. 中央席でカーテンを閉められると最左席から外へ出るのが凄く大変なのですが、今回も改善されてないのは残念です。中央席左のカーテンは無くして欲しいですね。