「8時ちょうどのあずさ2号」は現存する? あのヒット曲から約40年

狩人のヒット曲『あずさ2号』。そのなかで歌われた「8時ちょうどのあずさ2号」は現在、どうなっているのでしょうか。またかつて、「あずさ2号」が2本存在していたこともありました。

行先が2か所あった「あずさ2号」

 兄弟デュオ「狩人」のヒット曲『あずさ2号』。「8時ちょうどのあずさ2号で」というフレーズが有名ですが、実は楽曲が発表された1977(昭和52)年当時、午前8時ちょうどに出発する特急「あずさ2号」は2本存在していました。

1966年に運転を開始し、今年2016年でちょうど50周年を迎える特急「あずさ」(写真出典:photolibrary)。

「あずさ」は中央本線を経由しおもに新宿〜松本間を結ぶ特急列車で、その名前は長野県松本市内を流れる梓川(あずさがわ)に由来します。当時の特急「あずさ2号」は、1本は新宿を、もう1本は松本駅をいずれも午前8時00分に出発。上り下り各1本、計2本の「あずさ2号」があったのです。

 ただ「春まだ浅い信濃路へ」という歌詞から、歌われている列車は「信濃路へ」向かう列車、つまり新宿発松本行きの下り「あずさ2号」と推定できます。

この記事の写真一覧

1 2 3 4 5

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 「あずさ」の所要時間が大幅に短縮したのは、車両側よりも、岡谷~塩尻間の塩嶺トンネルの開通によるショートカット効果のほうが大きいと思います。

  2. 松山千春の「上野発はつかり5号、見送れば夕焼け」も、歌が出た時は16時発だったが、その後エル特急化で「はつかり5号(1M)」は10時頃、夕方出るのは「はつかり11号(1M)」に変わった覚えがあります。青森から連絡船1便に乗って「おおぞら1号(1D)」に乗り継ぐのが北海道への最速列車でした。

  3. 「あずさ」も遂に50歳か。
    “中央東線のヒロイン”を少子高齢化がすすむ今後、我々はあと何年拝むことが出来るだろうか。