JR東日本エリア「駅弁頂上決戦」今年も開催 過去最多の新作29種、写真付き全リスト

JR東日本エリアの「ナンバーワン駅弁」を決める戦いが、今年も開催されます。エントリーする駅弁は、過去最多という61種。そのうち、新作駅弁の数も過去最多です。肉系や魚系など、さまざまな顔をしたその新作、全29種類の顔ぶれを写真付きで紹介します。

過去最多の駅弁がエントリー

 本日2016年10月1日(土)から11月30日(水)、JR東日本が「弁味の陣 2016」を開催します。JR東日本エリア内の“駅弁頂上決戦”といい、今年が5回目。エントリーしている駅弁61種類は、過去最多の数字だそうです。

過去最多の駅弁たちが火花を散らす「駅弁味の陣 2016」(2016年9月30日、恵 知仁撮影)。

「戦い」の基本的な流れは、エントリーしている駅弁をべた人がアンケート投票を行い、それによって「駅弁大将軍」などが決まるというもの。投票は「駅弁味の陣 2016」公式ウェブサイト、パンフレットなどに付属する専用の応募ハガキから可能です。投票者のなかから抽選で100人に、賞品がプレゼントされます。

「駅弁味の陣 2016」はエントリーが61種類と過去最多ですが、新作駅弁も最多。29種類と、半分近くがそうです。この“駅弁頂上決戦”へ挑む、肉系や魚系などさまざまな顔をした“武士”たちを、以下にすべて掲載します。

1 2 3 4

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント