崎陽軒「シウマイBAR」東京駅にオープン 初のできたてシウマイ全種提供 ちょい飲みを

「シウマイ」で知られる横浜市の崎陽軒が、東京駅地下にオープン予定の「にっぽん、グルメ街道」に出店。「シウマイBAR」という新しい業態が展開されます。また、同社が飲食店舗を東京都内へ出店するのは初です。

崎陽軒の飲店、初の東京進出

「シウマイ」「シウマイ弁当」などで知られる崎陽軒(横浜市西区)が、「シウマイBAR(バル)」という業態で2016年11月22日(火)、東京地下へ飲食店をオープンします。同社は現在、横浜市内で飲食店舗を営業していますが、東京都内へそれを出店するのは、今回が初めてのことです。

崎陽軒の代名詞ともいえる「昔ながらのシウマイ」の赤いパッケージ(写真出典:崎陽軒)。

 JR東海が東京駅地下1階の「東京駅一番街」にその日オープンさせる、全国各地のグルメが集う新しい飲食店ゾーン「にっぽん、グルメ街道」、その第I期3店舗のひとつとして「横濱 崎陽軒」が開店します。

場所は八重洲地下中央改札口の近く。目の前にはラーメンの有名店が集う「東京ラーメンストリート」も(画像出典:JR東海)。

 同店は、いままで崎陽軒の飲食店舗にはなかった「シウマイBAR(バル)」という新しい業態。「これまでの飲食店舗はあくまで『料理』が中心でしたが、こちらは『シウマイをおつまみにお酒を楽しむ』ことを中心に、短時間でも気軽に立ち寄れるというコンセプトです」と崎陽軒は話します。

「『できたての崎陽軒のシウマイ全種類が食べられるお店』という意味では、唯一の店舗です。電車の待ち時間などはもちろんですが、『シウマイで一杯飲んで帰る』という、これまでとは違う『崎陽軒』もご提供できるかと思います」(崎陽軒東京営業部)

 同社によると、アツアツのシウマイはビールによく合うといい、今後も「おつまみとしてのシウマイ」の可能性、お酒との相性を追及していきたいと考えているそうです。

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 消費者(横浜市民)の目が向いてしまっている実態が原因ではあるが、地元横浜は逆に東京資本の業者ばかりに需要が奪われている。全国的な現象ではあるが・・・
    もっと地元を応援しないと地元自治体自体の弱体化にもつながるのでは?
    崎陽軒のシウマイBARも東京だけでなくて、地元横浜にも開設を期待したい。