「トワイライト」吹田で展示 網干では「なにわ」も JR西、車両所を一般公開

2016年10月29日、吹田総合車両所が一般公開。「トワイライトエクスプレス」の展示や、クレーンによる車両の空中移動などが企画されています。別の日には網干総合車両所でも、一般公開が予定されています。

大型クレーンによる車両の空中移動も

 JR西日本は2016年10月20日(木)、吹田総合車両所(大阪府吹田市)の一般公開イベントを開催すると発表しました。

 入場は無料。会場(車両所)は吹田から徒歩約10分です。年に1度、開催しており、例年1万人規模の来場者があるといいます。イベントの概要は次のとおりです。

昨年実施された大型クレーンによる車両の空中移動の様子(画像出典:JR西日本)。

●日時:10月29日(土)午前10時~15時半(入場は14時45分まで)

●主な内容
・作業実演:車両の入換作業、大型クレーンによる車両の空中移動、車輪の削正など
・車両展示:「トワイライトエクスプレス」の客車計7両(堂車含む)、特急車両(381系、287系)、221系改造車両など
運転士体験:本物の運転台でマスコンを操作すると、スクリーンに投影された景色が動く。今年は2か所に増設。抽選制
・軌道自転車の乗車体験
・台車の打音検査体験:ハンマーでボルトやナットをたたき、ゆるみを見つける検査の体験
鉄道関連グッズの販売

 このほか、11月3日(木・祝)には網干総合車両所(兵庫県太子町)でも一般公開イベントを開催。欧風客車のジョイフルトレイン「サロンカーなにわ」やDD51型ディーゼル機関車などが展示されるほか、大型天井クレーンによる車両の空中移動、車内からの車両洗浄の見学(要整理券)なども予定されています。入場は無料です。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161021_jrwsuita_01

関連記事

最新記事

コメント