小田急線6駅にホームドア新規設置 代々木八幡駅では「可動ステップ」も

小田急が新たに6駅へホームドアを設置。代々木八幡駅には、電車とホームの間隔を少なくする「可動ステップ」も導入されます。

代々木八幡から梅ヶ丘までの614ホームに設置

 小田急電鉄は2016年10月27日(木)、その6駅へ新たにホームドアを設置すると発表しました。

小田急新宿駅の急行ホーム(右側)にはホームドアが導入されている(2016年10月、恵 知仁撮影)。

 同社は新宿駅急行ホーム(4、5番ホーム)にホームドアを設置して以降、他駅への導入も検討。このたび代々木八幡、代々木上原、東北沢、下北沢、世田谷代田、梅ヶ丘の6駅14ホームへ設置できる見込みとなったといいます。各駅の使用開始目標は以下のとおりです。

・2018年度:代々木八幡駅、下北沢駅(地下2階ホーム)
・2019年度:代々木上原駅(1、4番線)、東北沢駅、世田谷代田駅、梅ヶ丘駅
・2020年度:下北沢駅(地下3階ホーム)

 このうち、ホームと車両との隙間が大きい代々木八幡駅では、列車到着時に床面からステップが張り出し、隙間を少なくする「可動ステップ」もホームドアの使用開始にあわせて導入。小田急は「さらなる安全性の向上を図ってまいります」としています。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161028_odakyuhomedoor_02
  • 161028_odakyuhomedoor_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 代々木八幡はどっちのホームに設置する気だ?
    現在の相対式ホームになのか、それとも改良後の島式ホームになのか…

    • そりゃ島式ホームでしょ……

  2. 下北沢地下三階ホームへの設置こそが急務という感がしないでもないが・・・?
    記事中の設置対象の中でも特に危険度が高いではないか。

  3. 小田急でホームドアを設置する際には特急電車が停車できないから、代々木上原・下北沢・経堂・登戸・鶴川・小田急相模原・中央林間・湘南台・栗平・愛甲石田・東海大学前あたりにしかホームドアを設置するしかない。
    特急電車がある私鉄はホームドアを設置しにくい欠点があるので、人身事故を減らすには鉄道を高架化する方が手早いと思う。
    なので特急通過駅で設置は容易だと思います。

    でも人身事故を減らすにはホームドア以外に鉄道の高架化も重要だと思います。
    高架化で人身事故が減った事例は多いですから。

    • MSEはホームドア対応しているとの噂も聞くが、実際はどうなんだろうか?