成田への新しい選択肢「成田シャトル」誕生 大崎発着、空港アクセス以外の役割も

ウィラーをはじめとする3社が共同で、JR山手線の大崎駅と成田空港方面とを結ぶ高速バスの運行を開始。空港アクセスだけでなく、関連自治体にとっても「意義が大きい」という路線が誕生しました。

品川区と芝山町の支持を受け開設

 ウィラー・エクスプレス・ジャパン、京成バス、千葉交通の3社は2016年10月31日(月)、JR山手線の大崎(東京都品川区)と成田空港、千葉県芝山町を結ぶ高速バス路線の共同運行を開始。これを記念し、大崎駅西口バスターミナルでセレモニーを行いました。

 同路線は上下合わせ43便の運行。大崎駅西口バスターミナルを発車すると、およそ1時間30分で成田空港に到着。第2、第1、第3ターミナルの順に停車したのち、千葉県芝山町の芝山中学校入口を経由して終点の芝山町役場まで、全線をおよそ2時間で走ります。始発は大崎駅西口バスターミナル発、芝山町役場発ともに早朝5時15分。ピーク時は30分間隔の運行で、最終は芝山町役場発が22時15分、大崎駅西口バスターミナル発が25時00分です。

「成田シャトル」が大崎駅西口バスターミナルを発車。集まった関係者に拍手で見送られる(2016年10月31日、中島洋平撮影)。

 価格は片道1200円で、ウェブサイトにおいて事前決済すれば1000円に割引。京成バスを中心に運行されている東京駅発着の「東京シャトル」(現金での片道当日運賃1000円)などとほぼ同価格です。

 ウィラーによると、このバスにはおもに空港アクセスと、芝山町周辺住民の通勤・観光というふたつの役割があるといいます。セレモニーで芝山町の相川勝重町長は「都市と農村の“架け橋”となり、成田空港周辺における“南北格差”の解消に寄与する」とコメント。芝山町と東京都心が低価格で直結し、芝山町が位置する成田空港南側の発展につながると期待を寄せました。

 大崎駅が立地し、2015年12月に同駅付近へバスターミナルを開設した品川区も、新たに成田空港方面と結ばれることを歓迎。この2自治体や成田国際空港の支持を受けて、今回のバス路線開設に至りました。京成バスの加藤浩一常務取締役は、「私の経験則ですが、自治体のバックアップが手厚い路線はだいたい成功する」と、自信を見せます。

この記事の写真一覧

  • 161031_naritashuttle_03
  • 161031_naritashuttle_02
  • 161031_naritashuttle_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 「外国の電子機器が日本のコンセントに合わないことを考慮して、あえて、世界でほぼ共通のUSBポートにした」

  2. LCC格安航空会社だけに留まらず、空港アクセスバスも格安路線とは・・・
    「東京シャトル」が運行開始された時に、新規参入バス会社だけでなく大手電鉄系バス会社が含まれていた事に衝撃。
    利用者側は「安いに越したことない」と大歓迎だろうが、ここにもデフレスパイラルの一要素が。

    • 「東京シャトル」は人気があるけれど、同時に京成としての誤算でもあったらしいね。
      本当は運賃片道2000円くらいを想定していたらしい。
      持分法適用先の東京空港交通への配慮もあってその辺で線引きしようと思ってたら、ビー・トランセグループが1000円で出してきちゃたもんだから引っ込みがつかなくなっちゃった、と聞いた。

      よっぽど暇な時間帯を除いて「東京シャトル」も「The アクセス成田」同様に満席かそれに近い状態で利用されているから、逆に京成も気を良くしたのかも知れない。
      (東京空港交通への遠慮、採算性の懸念はどこへやら?ある意味調子のいいことだ(笑))

      ならばということで、今回ウィラーの話に乗ってみようと考えたのかもしれない。
      (どうせ今回の話はウィラーがもちかけたんだろう。)

      2匹目のドジョウは果たして・・・?

    • 追記

      結局運転士さん達が、安月給という形で低運賃のとばっちりを受けてしまうんだろうな。

      それを考えると、複雑な気分・・・。

      実際、2000円くらいでも構わないよ。