日本一安い初乗り運賃は90円 「0円」の路線も?

鉄道を利用するときに支払う「運賃」。会社や路線によって異なりますが、現在、日本でもっとも安い初乗り運賃は北大阪急行です。しかし、なかには「運賃0円」の路線もあります。

かつては「万博輸送」を担う

 鉄道を利用するときに支払う運賃は、会社や路線によって異なります。国土交通省鉄道局監修『数字でみる鉄道2016』によると、全国の普通鉄道のうち初乗り運賃が最も安い路線は、江坂(大阪府吹田市)と千里中央駅(同・豊中市)を結ぶ北大阪急行南北線です。

北大阪急行の8000形電車「ポールスター(POLESTAR)」。意味は「北極星」(2015年12月、恵 知仁撮影)。

 その値段は大人90円。この路線は実質、大阪市営地下鉄の御堂筋線を延長した形で、運行も一体的。千里ニュータウン方面と大阪市中心部方面とを結ぶ動脈として機能しています。1970(昭和45)年の開業当初は、「大阪万博」の輸送も担っていました。ちなみに、直通先である大阪市営地下鉄の初乗り運賃は180円です。

 しかし、対象を鉄道事業法で許可を受けた鋼索鉄道(ケーブルカー)まで広げると、「0円」というケースもあります。

この記事の写真一覧

  • 161102_unchin_03
  • 161102_unchin_02
  • 161102_unchin_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 運賃0円のケーブルカーっていうから王子駅前の飛鳥山公園のケーブルカーかと思った。あそこは正真正銘0円だよ。