「サンリオピューロランド号」空港連絡バスとして登場 京王バス南

2016年12月10日から、京王バス南が、サンリオキャラクターを車体にラッピングした「サンリオピューロランド号」を空港連絡バスとして運行。外観だけでなく、内装や案内放送なども特別仕様です。

案内放送や降車ブザーも特別仕様

 京王バス南は2016年11月7日(月)、東京の多摩地区と羽田空港を結ぶバス路線で、サンリオのキャラクターがラッピングされた「サンリオピューロランド号」を、12月10日(土)から運行すると発表しました。

キャラクターなどがラッピングされた「サンリオピューロランド号」の外観イメージ(画像出典:京王電鉄バス)。

 サンリオエンターテイメント協力のもと、車体のラッピングとともに、車内では座席や床面、天井、料金機などが装飾されます。また、バス停案内放送や降車ブザー音は、ハローキティの声が流れる特別仕様です。

 導入は京王電鉄の南大沢、京王多摩センター駅、聖蹟桜ヶ丘駅と羽田空港とを結ぶ路線で、便数は1日あたり羽田空港行きは14便、羽田空港発は22便です。「サンリオピューロランド号」の運行時刻は、運行開始日である12月10日(土)以降、ウェブサイトで告知されます。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161107_keiobussanrio_01
  • 161107_keiobussanrio_02
1 2

関連記事

最新記事

コメント