日本一狭い? 2人で満員、入口極小の駅そば店、なぜ誕生?

入口の幅わずか50cm、2人で満員という駅そば店があります。スペースに制約がある駅構内とはいえ、なぜそのような店舗が生まれたのでしょうか。そこには「裏」と、現代らしい理由がありました。

入る前も、入ったあとも驚きのそば店

 長野県中部に位置する、中央本線・篠ノ井線の塩尻駅(長野県塩尻市)。その1・2番のりばから、改札口への階段を上がると見えてくる駅そば店が、変わっています。「信州そば」という、人の心を刺激する掲示があるのですが、非常に、その入口が狭いのです。

入口が非常に狭い、塩尻駅改札内の駅そば店「桔梗」(2016年10月、恵 知仁撮影)。

 入口の横幅は、わずか約50cm。外見も、およそ飲店らしくありません。「信州そば」や「そば処」といった文字がなければ、倉庫など業務用のスペースとしか思わなそうです。だからこそ合計4つも、「駅そば店」の掲示が行われているのでしょう。

 さてこの、日本で最も入口が狭い可能性が高い、塩尻駅改札内にある駅そば店「桔梗」。驚きは、入口だけではありません。

塩尻駅改札内の駅そば店「桔梗」の立ち食いスペース。背中を壁につけ、広角レンズ(35mm版換算24mm)で撮影(2016年10月、恵 知仁撮影)。

 肩をすぼめながら、およそ50cmしかない入口を通った先の立ち食いスペース、そこも大変に狭いのです。そのサイズは縦が約65cm、横が約135cmしかなく、「お客さま2名で満員です」(JR東日本長野支社)とのこと。入口のみならず立ち食いスペースも、日本一狭いかもしれない駅そば店なのです。

この記事の写真一覧

  • 161110_shiojiri_07
  • 161110_shiojiri_06
  • 161110_shiojiri_05
  • 161110_shiojiri_04
  • 161110_shiojiri_03
  • 161110_shiojiri_02
  • 161110_shiojiri_01
1 2 3 4

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 今度行ってこの目で確かめてみる

  2. ここは本当に狭い
    メシ食おうと思ってたのにあまりの狭さに諦めた

  3. あまりにもくだらない内容の記事、読んで損した