京都鉄道博物館、入館者100万人を突破 オープンから半年

2016年4月に開館した「京都鉄道博物館」。その入館者が2016年11月12日、100万人を突破しました。

機関車や電車など53両を展示

「京都鉄道博物館」(京都市下京区)は2016年11月12日(土)、累計の入館者数が100万人を突破したと発表しました。

「京都鉄道博物館」では蒸気機関車特急車両新幹線車両など53両が展示されている(2016年4月、恵 知仁撮影)。

 100万人目が来館した11月12日(土)午前10時35分ごろに記念セレモニーを開催。また、先着2万人の入館者には「入館者100万人記念券」が配布されました。

「京都鉄道博物館」は、2015年8月まで同地にあった「梅小路蒸気機関車館」と、2014年4月に閉館した「交通科学博物館」(大阪市港区)を統合、発展させる形で、今年4月29日に誕生。それからおよそ半年で100万人を達成しました。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161114_kyototeppaku_01
  • 161114_kyototeppaku_02
1 2

関連記事

最新記事

コメント