銀座線開通当時の車両をイメージした特別仕様車、導入へ 「ポイント通過時の照明」も再現可

東京メトロ銀座線に、同線開通当時の旧1000形をモチーフとした特別仕様の1000系電車が登場します。外装はもちろん、内装の配色や吊り手などを変更。「ポイント通過時」の照明を再現する機能も搭載されます。

1000系電車2編成が特別仕様に

 東京メトロは2016年11月17日(木)、銀座線を走る1000系電車2編成の内装・外装デザインを、同線開通当時の旧1000形電車をモチーフとした特別仕様のものに変更すると発表しました。

銀座線旧1000形をモチーフとした1000系特別仕様車両の外観イメージ(画像出典:東京メトロ)。

 現在使用されている銀座線の1000系は、01系に代わる新型車両として2012年1月にデビュー。デザインのモチーフは1927(昭和2)年に登場した旧1000形とされました。

 今年度中には銀座線の全40編成が新型の1000系に置き換わる予定ですが、その際、最後に導入される2編成(1139、1140編成)は、通常運行で使用するとともに、イベントなどで活用することを目的に、ほかの1000系よりさらに旧1000形のイメージを強調したデザインにされます。運行開始は「1139編成」が2017年1月中旬、「1140編成」が同年3月中旬の予定です。

この記事の写真一覧

  • 161117_metroginza1000_03
  • 161117_metroginza1000_02
  • 161117_metroginza1000_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. おー、なんか楽しみ。
    液晶画面はちゃんと3画面ついてるのねw

    • 予備灯カバーガラスの意匠もあんな感じにしてくれるのか!

  2. 1編成は旧2000形をイメージしたものにして、変化を付けてほしかった気もする。

  3. そうそう、昭和30年代の銀座線は電気が時々消えましたっけ。子供の時は不思議に思っていました。