空港急行や特急「ラピート」増発 関空アクセス向上へ 南海、2017年1月ダイヤ改正

南海電鉄が2017年1月にダイヤを改正します。対象は南海本線と空港線で、難波駅と関西空港駅を結ぶ空港急行や特急「ラピート」の増発などが実施される予定です。

空港急行は車両数増強も

 南海電鉄は2016年11月17日(木)、関西空港へのアクセス向上などを目的としたダイヤ改正を2017年1月28日(土)に実施すると発表しました。

 実施路線は南海本線と空港線です。難波~関西空港間を結ぶ空港急行は増発されるほか、最大両数(8両)での運転本数も倍増。混雑緩和が図られます。

混雑緩和や通路スペース確保のため、8300系電車には大型手荷物などに対応する多目的スペースが設置されている(写真出典:南海電鉄)。

 早朝時間帯は、5時台に下り空港急行を1本増発。土休日には特急「ラピート」(難波~関西空港)が上下1本ずつ(難波発6時00分、関西空港発7時06分)増発されます。

 深夜時間帯は、23時台に上り空港急行を2本増発。また、関西空港発最終列車の時刻が15分繰り下がり、23時55分発(上り空港急行)になります。

 特急「ラピート」も上下1本ずつ増発され、最終が繰り下がります。下りは平日、土休日とも難波発22時00分、上り関西空港発は平日が23時00分、土休日が22時55分です。

 詳細は決まりしだい、追加で発表されます。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161117_nankaidia_01

関連記事

最新記事

コメント