九州のICカード、北海道へ 「イカすニモカ」函館市電と函館バスに導入

函館市電と函館バスで、2017年春からIC乗車カードのサービスが始まります。名前は「イカすニモカ」で、カードのデザインは渡島半島をイメージしたものといいます。

カードは渡島半島をイメージしてデザイン

 西鉄の子会社で交通系ICカード「nimoca」を発行する株式会社ニモカ(福岡市中央区)は2016年11月18日(金)、函館市電と函館バスに「ICAS nimoca(イカすニモカ)」を導入すると発表しました。

2017年春に導入される予定の「ICAS nimoca」カードのイメージ(画像出典:ニモカ)。

 名前の「イカす」は、ニモカによると函館市電や函館バスで現在使われている磁気カード「イカすカード」の名前であるとともに、「Intelligent Card System」の頭文字をとったもの。カードのオモテ面は、北海道の南西部に位置する渡島半島をイメージして視覚的にデザインしたものといいます。

 サービス開始は2017年春を予定。対象は函館市電全2系統(湯の川~谷地頭、函館どつく前)と、函館バス全184系統です。「ICAS nimoca」や九州で普及が進む「nimoca」をはじめ、全国相互利用サービスに対応している「Kitaca」「PASMO」「Suica」「manaca(マナカ)」「TOICA」「PiTaPa」「はやかけん」「SUGOCA」も利用できるようになる予定です。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161121_icasnimoca_02
  • 161121_icasnimoca_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. !?!?!?!?
    どうしてそうなった!?

  2. 北海道の公共交通事業者はJR北海道を相手にしていないんだな~ 札幌市営でも自動改札で他社ICを利用できるようにした時の提携相手はJR東日本のため、「札幌Suicaエリア」となっています(Suicaのデジタルパンフ参照)。

  3. オリジナルのnimocaも函館で発売してほしい!

    フェレットすっごくかわいい!

  4. 「ICOCA」は使えないのですか?残念!