浅草からアーバンパークラインの運河へ臨時特急を運転 乗車特典も 東武

2016年12月、東武鉄道が浅草駅からアーバンパークライン(野田線)へ直通する臨時特急を運行。日によって異なる乗車特典も用意されるといいます。

春日部~運河間は特急料金不要

 東武鉄道は2016年11月21日(月)、浅草(東京都台東区)から東武アーバンパークライン(野田線)の運河駅(千葉県流山市)まで、今年も臨時特急「きりふり267号」を運行すると発表しました。

 運転日は12月2日(金)、9日(金)、16日(金)、22日(木)。使用車両は300型電車(6両)です。運転時刻は浅草発22時10分、北千住発22時23分、春日部着22時52分、清水公園着23時16分、運河着23時28分。このほか、とうきょうスカイツリーと春日部~運河間の各駅に停車します。

特急「きりふり267号」に使用される300型と同タイプの350型電車(2009年10月、恵 知仁撮影)。

 特急料金は310円ですが、利用が春日部~運河間のみの場合は不要です。また、北千住~春日部間を利用すると、乗車特典として各日で異なる乗車証明証と、300系がデザインされた証明証収納台紙がプレゼントされます。

 なお、2017年春からは新型車両の500系「Revaty(リバティ)」を使用した特急「アーバンパークライナー」が浅草~大宮/野田市間、大宮~運河間で運転される計画です。東武鉄道は「この機会にぜひ、臨時特急列車をご利用いただくとともに、『リバティ』の運転開始にご期待ください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161122_tobuunga_02
  • 161122_tobuunga_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. こんな時間に乗る客は、乗車証明書なんか要らねえよ。
    そんなもの配るぐらいなら割引特急券サービスしろとでも言われるぞ。

  2.  割引特急券と言うか東武の場合は特急料金が高過ぎる(最も顕著なのが浅草・北千住駅~館林駅の間)。新型特急車の導入を機に運賃よりも高い中長距離区間の料金を運賃以下まで下げろ、と言いたい。
     あと、今だに東武線内に搬入されたかどうかも分からない新型特急車を来年春から営業運転に使用するって無理があり過ぎないか?習熟を含めた試運転や野岩・会津鉄道を含めた諸設備の対応化などを想像したら「いくら何でも厳しいだろ」って素人でも分かるぞ。

  3. 「アーバンパークライン」だの「スカイツリーライン」だの・・・まだしぶとく使ってるの?
    いい加減に「田舎者の西洋かぶれ・西洋あこがれ」のようなカタカナ名称はやめて、「野田線」「伊勢崎線」の方が良いですよね? 伊勢崎線沿線まで通勤で行っていたが、地元沿線住民もスカイツリーラインなんて呼んでいる方なんて殆ど居なかったよ!